ワークショップ

2018-09-20

こんにちは。勝原です。朝晩の寒暖の差が出てきて、体調管理に苦労しております。皆様は大丈夫でしょうか?

 

話は変わりますが、ツタヤ三年坂店でワークショップに参加してきました。ちなみに人生初のワークショップでワクワクです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間限定で出店されてる家具屋さんのワークショップです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店員さんの手元にある棚箱を作るみたいです。かっこいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは材料の木材にオイルを塗る作業。木材を保護する役目があるそうで、汚れなどもはじくとのこと。

大事な作業でしたので、勝原家で一番器用な息子を指名しました(笑)

オイルを塗ると味が出て良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何の作業かわかりますか?普通の鉄クギですが、頭をトンカチで潰して使うそうです。釘を打った痕が目立たないようにする効果と、鉄を使うのは、時間が経つとサビて色が木材に馴染んで目立たないからだそう。

勉強になりますね~。ちょっとしたことですが、知らない所で職人の技が施されてるんだと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立ては簡単ですので、勝原家の不器用代表の妻に任せます(笑)

ブログを見ないことを祈ります・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釘打ちはもちろん息子。さすがです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真に写ってますマイナスビスって知ってますか~?ひと昔前まではプラスではなくマイナスビスばかりだったそうです。

職人さんがワークショップに来ていただいたお客様に物を作るだけではなく、歴史や古き良き時代の物を伝えたいという思いもあったみたいです。

 

しかし作業をしてみると、締めるのが中々難しい・・・

 

 

ちなみに職人さんの話によると、プラスビスを日本に持ち込んだのは、あの世界のHonda創業者の本田宗一郎だそうです。プラスビスを使用することで、工業製品の生産効率がグッと上がったそうです。勉強になるなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に取っ手の取り付け作業。いよいよ私の登場です。完成です。

 

 

 

ワークショップは物を作る体験のようなイメージでしたが、歴史や、何故?どうして?等の話も聞けとても勉強なりました。アネシスグループでも木工教室や色々なイベントを行ってますので、今回の良いところを勉強して、オーナー様が満足できるイベントを行っていきたいと思います。

 

 

 

ちなみに12月も1週間TSUTAYA三年坂店でお店出すそうです。もちろんワークショップもあるみたいなので、お時間ある方は参加してみてはいかがでしょか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家に馴染んでます・・・